融資条件

[条件1]お申込みされるお客様の年齢と国籍について

以下の条件をいずれも満たすことのできる個人のお客様が対象となります。

申込人 原則として対象となる住宅ローンの債務者と借換融資の申込人が同一であること。
ただし、お借り換えに伴い債務者を追加することが出来ます。
(債務者の人数は、2名までとなります)
年齢 申込時年齢70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方
国籍 日本国籍を有する方または永住許可などを受けている外国人の方
住宅取得時のお借り入れになった住宅ローンのお借お借り入れ日(金銭消費貸借契約締結日)から借換融資の申込日まで1年以上経過しており
かつ、借換融資の申込日の前日までの1年間、正常に返済をしている方
[条件2]前年の年収について

ハウス・デポの住宅ローンフラット35ご利用には、お申込み年度の前年(平成26年度においては平成25年1月~12月)税込み年収に占める、この住宅ローンを含めた全ての借入金の年間返済額の割合(総返済負担率)が、次の基準以下である必要があります(収入を合算することもできます)。

前年年収(税込) 総返済負担率
400万円未満 30%以下
400万円以上 35%以下

※全ての借入金とは、ハウス・デポの住宅ローンフラット35以外のローン(住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど)、カードローン(キャッシング、リボ払い等の商品購入を含む)などを指します。

[条件3]ローンの対象となる住宅ローン及び住宅について

当初のお借入額が8,000万円以下で、住宅建設費または購入価格の100%以内の住宅ローンが対象となります。住宅金融支援機構の定める技術基準に適合し、必要な検査に合格する住宅が対象となります。

 一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の住宅床面積 70m2以上
 共同建て住宅(マンション等)の住宅床面積 30m2以上
 一戸当たりの住宅建設費または住宅購入価格 1億円以下

※一戸当たりの住宅建設費には土地取得融資がある場合は、土地の取得費を含みます。
住宅建設費・住宅購入価額にはいずれも消費税相当額を含みます。

[条件4]資金の使途について

次のいずれかの住宅ローンのお借換え
1.ご本人が所有して居住される住宅の建築または購入のための住宅ローン
※セカンドハウスについても、借換融資の対象となります。
2.ご本人が所有して、ご親族が居住される住宅の建築または購入のための住宅ローン
※多目的ローンや投資用ローン及びリフォームローン等のお客様にはご利用いただけません。

[条件5]お借入金額について

100万円以上、8,000万円以内で、「借換え対象となる住宅ローンの残高」※
または「機構による担保評価の額の200%」のいずれか低い額まで(1万円単位)
※融資手数料、登記費用、収入印紙代を含むことが出来ます。

[条件6]お借入期間について

15年以上、35年以内(ご返済回数 179回~419回)で、次のいずれか短い年数とします。
申込者が60歳以上の場合は、10年以上となります。

1)「80歳」-「借換融資のお申込し込み時の年齢」
2)「35年」-「住宅ローンの経過期間」

[条件7]金利について

全期間固定金利です。
お借入期間(20年以下・21年以上)に応じて、お借入金利が異なります。
※お申し込み時ではなく、資金お受取り時の金利が適用されます。

[条件8]返済方法について

元利均等返済または元金均等返済です。
また、ご融資金額の40%までボーナス月加算返済もできます。
お支払は、お客様指定の預金口座から毎月5日に自動引き落としさせていただきます。
※5日が土日祝日の場合は、翌営業日に引き落とさせて頂きます。
延滞損害金は年率14.5%になります。

[条件9]保証人について

必要ありません。

[条件10]担保について

住宅ローンの譲受人である住宅金融支援機構が融資対象となる土地及び建物に、第1順位の抵当権を設定させていただきます。
登記費用はお客様にご負担いただきます。

[条件11]団体信用生命保険について

【フラット35】は団信付きの住宅ローンになりました。
(平成29年10月1日以降に【フラット35】をお申込みの方に適用されます。)

●【フラット35】を平成29年10月1日以後にお申込みいただいたお客さまから、月々の【フラット35】のお支払いに
 団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれるため、年払いでの団信特約料のお支払いが不要になりました。
●保障内容も充実し、ますます【フラット35】が利用しやすくなりました。
※平成29年9月30日までに【フラット35】をお申込みの方は保障内容などが異なります。
 詳しくはフラット35サイト(http://www.flat35.com/danshin/index.html)をご覧ください。
※健康上の理由その他の事情で団体信用生命保険に加入されない場合も【フラット35】をご利用いただけます。
[条件12]火災保険について

お借換え前に付保している火災保険が住宅金融支援機構の定める要件を満たしている場合は、
その火災保険を継続していただくことができます。
弊社において、提携損害保険会社をご紹介させていただきます。

[条件13]その他

住宅ローンフラット35S、住宅ローンフラット35S(中古タイプ)及び住宅ローンフラット35S(20年金利引下げタイプ)は、ご利用いただけません。

※当社の融資審査またはローンを買い取る住宅金融支援機構の買取審査の結果によっては、ローンご利用のご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。