団体信用生命保険

機構団体信用生命保険特約医制度(機構団信)について

機構団信特約制度とは、加入者様に万が一のことがあった場合、住宅の持分や返済の割合等にかかわらず 残りの住宅ローンが全額弁済される保障制度です。

機構団信の種類

機構団信・デュエット

ご加入いただける方

  1. 「申込書兼告知書(機構団信)」の記入日現在、満15歳以上満70歳未満(満70歳の誕生日の前日まで)の方
  2. 地域担当幹事生命保険会社の加入承諾がある方
※デュエットは、戸籍上の夫婦のほか、婚姻関係にある方または内縁関係にある方を含みます。
※お客さまの健康状態によっては、ご加入いただけない場合があります。

保障内容(残りのローンが保険により全額弁済される要件)

死亡 死亡されたとき
所定の高度障害状態になられたとき 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、
身体障碍者手帳の交付を受けたとき
※デュエットにご加入の場合、ご夫婦のどちらかが死亡または所定の身体障害状態になられたとき

3大疾病付機構団信

ご加入いただける方

  1. 「申込書兼告知書(3大疾病付機構団信)」の記入日現在、満15歳以上満51歳未満(満51歳の誕生日の前日まで)の方
  2. 地域担当幹事生命保険会社の加入承諾がある方
※お客さまの健康状態によっては、ご加入いただけない場合があります。
※借入額が3000万円超の場合は、所定の「健康診断結果証明書」をご提出いただきます
※デュエットはご利用いただけません。

保障内容(残りのローンが保険により全額弁済される要件)

死亡 死亡されたとき
所定の高度障害状態になられたとき 身体障害者福祉法に定める障害の級別が1級または2級に該当し、身体障碍者手帳の交付を受けたとき
3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)が原因で、一定の要件に該当したとき 急性心筋梗塞、脳卒中を発病した場合は、「所定の状態が60日以上継続」したと診断されたときだけでなく、「治療を直接の目的として所定の手術」を受けたときも保障されます。
介護が必要で、一定の要件に該当したとき 公的介護保険制度の要介護2から要介護5までの状態または所定の要介護状態に該当したとき。