お手続きの流れ

事前審査のお申込

設計審査・中間現場審査・竣工現場検査など、本審査以降の詳細は「住宅ローンフラット35」のホームページをご参照下さい。

事前審査のお申し込み
建設予定地と建設費の概要が決まった段階で、お申し込み下さい。FAXでの申込の場合、ハウス・デポ・パートナーズがご対応致します。

事前審査結果のご連絡
事前審査の結果について、ハウス・デポ・パートナーズの担当者からご連絡致します。

ローン本審査のお申し込み
必要書類をご用意下さい
本審査に必要な借入申込書・所得証明・物件の謄本などの関係書類をご提出頂きます。必要な書類についてはハウス・デポ・パートナーズの担当者が対応させていただきます。

本審査の結果のご連絡
ハウス・デポ・パートナーズの担当者より本審査の結果のご連絡をいたします。

設計検査の審査・合格
住宅ローンフラット35中間現場審査
借り換え対象の住宅かどうかの確認
借り換え申込み条件
・建築確認日が、昭和56年6月1日以後の住宅
※建築確認日が確認できない場合は、新築年月日(表示登記における新築時期)が昭和58年4月1日以後
・返済実績が1年以上かつ直近1年間正常に返済していること

確認書の記入・提出

住宅ローンフラット35借換対象住宅に関する確認書に必要事項を記入し、提出して頂きます。
確認書ダウンロードはこちら
左記に当てはまらない場合
検査が必要
左記に当てはまらないものは検査をする必要があります。
物件検査として、書類審査と現地調査を行います。
書類審査
中古住宅の物件検査

住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを、設計図書や登録事項証明書などにより確認します。

+ 現地調査
中古住宅の物件検査

住宅の現状が、住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを、現地において目視等で確認します。

下向き矢印

物件検査に合格すると、融資のご契約に必要となる適合証明書が交付されます。

【適合証明書の有効期間】
一戸建て等の住宅の場合 ・・ 現地調査日から6ヶ月間
マンションの場合
適合証明書 イメージ図
・・ 現地調査日から5年間
(竣工から5年以内の場合)
現地調査日から3年間
(竣工から5年超の場合)
※一戸建て等の住宅とは、一戸建て、連続建て、重ね建てまたは地上階数2以下の共同建ての住宅をいいます。
※マンションとは、地上階数3以上の共同建ての住宅をいいます。
ローン契約の依頼
金銭消費貸借契約の申し込み手続き
実行スケジュールをもとに融資日を確定いただき、金銭消費貸借契約、抵当権の設定手続きの申し込みを行って頂きます。
  ■実行スケジュールを見る

ローン契約のお手続き
金銭消費貸借契約の手続き
金銭消費貸借契約、抵当権の設定手続きを行って頂きます。ローンの金利は資金実行月の金利となります。

ご融資の実行とご返済の開始
融資金の振込と口座からの自動引き落とし
資金実行日に、ハウス・デポ・パートナーズからご指定口座にお振込いたします。ご返済は原則として毎月5日に口座からの自動引落により行います。

事前審査書類をダウンロードする